プリント ワークマン
Print Workman


 複数のページや複数のファイルの印刷出力を縮小し、同一紙面に印刷します。

 

ソフトウエアの概要

  • Word、Excel、PDF、Webページ、JPEG、BMPなどあらゆる形式のファイルの印刷出力を縮小し、 最大8ページ(サムネイル印刷では1〜120ページ)を同一紙面に印刷、用紙とインクの大幅な節約ができます。
  • Excelの複数のシートを同一紙面に印刷でき、コンパクトで読みやすい会議資料を簡単に作成できます。

ソフトウエアの機能と特長

  • 縮小印刷で印刷費用の削減
    印刷出力を 等倍、1/2倍、1/4倍、1/6倍、1/8倍 に縮小して1, 2, 4, 6, 8 ページを同一の紙面に印刷し、用紙、インク、トナーの節約ができます。 縦書きの文書にも対応。 小冊子の印刷も可能です。小冊子は中とじホッチキス で簡単に作ることができます。
  • 印刷ジョブ/ファイルの連結
    WordとExcel、Power Point、Webページなど、異なる形式のファイルの印刷ジョブを連結し同一ページに印刷します。異なるWebサイトのページの連結・編集・印刷も簡単です。複数のメールをまとめて同一ページに印刷することも簡単にできます。 連結した印刷出力はそのまま印刷するだけでなく、名前をつけてファイルに保存できます。保存したファイルはさらに読み込んで新たな印刷ジョブと結合したり、保存ファイル同士を結合することもできます。
  • 印刷ページのレイアウト編集
    ページの削除、移動、入れ替え、白紙ページの挿入が自由にできます。 サムネイル表示ではページの移動がマウスのドラッグ&ドロップで簡単にでき、編集操作は簡単かつ効率よく行えます。 サムネイルは S, M, L のサイズをボタン1つで切り替えできます。 さらにマウスのダブルクリックで指定ページのフルスクリーン表示も可能です。
  • IE の「部分消去」、「画像を消す」、「グレイ表示」機能
    Web ページの広告バナー、画像、テキスト、動画など任意の要素をクリックし、一時的に非表示にして印刷できます。 さらに全体の表示をグレイスケールにして印刷することもでき、カラーインクやトナーの節約ができます。広告や動画など不要な部分を任意に消すことができるためコンパクトで読みやすいWebページを印刷できます。プリント ワークマンのインストールオプションでIE のお気に入りバー(リンクバー)にこれらのアイコンが追加されます。
  • プレビュー表示
    プレビューでは印刷イメージの拡大表示ができ、小さな文字でも容易に確認できます。 ページ送り、スクロールは高速でマウスボタンを押しながら移動するだけでも可能です。 印刷の前に印刷イメージを確認することでミスとムダのない印刷ができます。
  • サムネイル表示と印刷
    ボタン1つでプレビューとサムネイルの切り替えが可能です。 サムネイルで印刷すればなんと最大120ページを用紙一枚に印刷することもできます。

  • 印刷フィルター
    画像、テキスト、背景色をそれぞれを個別に印刷しないように設定できます。 たとえばWebページなどの不要な画像や背景色を印刷しないことでインクやトナーの節約ができます。 また原稿の文字校正時に画像印刷をオフにしてインクやトナーの無駄を省くこともできます。
  • 用紙サイズにフィット
    用紙サイズ”A3″で作成した文書を”A4″の用紙に印刷する、またはA4をA3に、など元の用紙と異なるサイズに全体を縮小または拡大してレイアウトがくずれないように印刷できます。
  • 原稿の用紙サイズで印刷
    はがきや、封筒、B5、A3などA4以外の用紙サイズで作成された原稿を自動的に同じ用紙サイズで印刷できます。 いちいちプリンタの用紙サイズを設定する必要がありません。
  • イメージ出力
    印刷イメージをBMP, JPEG, PNG, GIF, TIFF(Multi page) , EMF形式のファイルに変換し保存できます。 これにより文書の印刷イメージを画像ファイルとしてメールに添付したりホームページに貼り付けたりできます。 ペイントなど他の画像ソフトでの編集も可能になります。
  • Windows XPS ファイルに保存
    ファイルはWindows XPS ファイルに変換して保存できます。XPSファイルはPDFと同じように内部にフォントを含むため文書配布のツールとして活用できます。
  • 印刷ファイルの自動保存
    設定により、一度印刷したファイルは最大30個まで自動保存され、再利用が可能です。 古いファイルは自動的に廃棄されますからディスクの容量を浪費することもありません。
  • 両面印刷
    奇数ページ、偶数ページの印刷指定ができ、両面印刷機能がないプリンタでも、両面の印刷ができます。 両面印刷機能があるプリンタの場合は画面からオン/オフの切り替えがすばやくできます。
  • ドラッグ&ドロップや右ボタンクリックで起動
    デスクトップ上のアイコンまたはメインウインドウへファイルの”ドラッグ&ドロップ”や右ボタンメニューでプリント ワークマンにに印刷し起動します。 いちいち文書を作成したWordやExcelなどのアプリケーションを起動し、印刷操作を行う必要がありません。

  • プリンタを選びません
    プリンタのメーカや機種に依存しません。 どのメーカのプリンタでも同じ操作でご使用できます。 もちろん共有プリンタやネットワークプリンタにも印刷できます。
  • PDF作成ソフトとの連携
    実際のプリンタだけでなく PDF作成用の仮想プリンタに印刷することもできます。 WordとExcel、Webページ など異なるアプリケーションで作成したページを一つのPDFファイルとして作成することが簡単な操作で可能になります。

  • FAXソフトの仮想プリンタに印刷
    WindowsのFAX仮想プリンタにページを連結して印刷することで、例えば、WORDのページ、EXCELのページをまとめて一度で送信できます。 ダイアルも一度で済み、別々に送るよりも操作が簡単で通信費も安くできます。