クラウド対応自動印刷
Cloud Auto Print


フォルダーを監視しドロップされたファイルをプリンタに自動的に印刷します。

クラウド対応自動印刷

ソフトウエアの機能と特長

  • フォルダーを監視し、ドロップされたファイルを指定されたプリンタに自動的にリアルタイムで印刷します。
  • 印刷可能なファイルは PDFファイル、 Word、Excel、 PowerPoint などのOfficeファイル、JPG, PNG, TIF などの画像ファイル、Text などほとんどが可能です。
  • 複数ファイルをまとめて一緒にドラッグ&ドロップすれば一気に印刷できます。
  • プリンタは Windows で動作するプリンタであればメーカ、機種を問いません。
  • タスクトレイに常駐しますが、イベント駆動のため待機中の負荷がかかりません。
  • 監視フォルダーを設定するだけでインストール、設定が簡単です。
  • クラウドサービスと連携し、遠隔地のプリンターへ無人で、しかもPCだけでなくスマホやタブレットからも印刷できます。
    クラウド対応自動印刷

クラウド対応自動印刷の応用例

  • スキャナーや複合機のスキャンファイルおよびFAX受信ファイルを監視し自動的に印刷する。
  • インターネット経由で遠隔地のプリンタに無人で印刷する。
    運用コストの低い、高解像度カラーFAXとして使うことができます。
  • PDF自動変換 − プリンタとしてPDF作成の仮想プリンタを指定し、タブレットやスマホ、PC などさまざまなデバイスのファイルを自動変換、PDFファイルとしてパソコンのハードディスク上やクラウドに保存する。(ファイル名を自動生成するPDF作成ソフトを利用します。)
  • 複数プリンタに同時に印刷 – 弊社ソフト「並列プリント3」と連携し最大10台のプリンタにドラッグ&ドロップで一気に印刷できます。