「未分類」カテゴリーアーカイブ

一回の操作で複数のプリンターに同じファイルを印刷する方法です。

一回の操作で複数のプリンターに同じファイルを印刷する方法です。

「ファイルの振り分け」 で次のように設定します。

1.ルールの追加ボタンをクリック
2.ルールを設定してOKをクリック
3、同じルールで振り分け先フォルダーを変えてOKをクリック
4.さらに同じルールで振り分け先フォルダーを変えてOKをクリック
・・・
1~4をプリンターの台数分繰り返します。
・・・
5.設定を適用し保存をクリックします。

あとは印刷したいファイルを振り分けフォルダーに放り込むと複数のプリンターに一挙に印刷されます。

複合機で受信したFAXやSCANファイルをPDFファイルに変換、共有フォルダーに保存し、離れた場所のPCに接続されたプリンターに自動的に印刷する。

1) PDFファイルを保存するフォルダーはPCと共有します。
LANでもWAN(インターネット)でも可能です。 WAN(LANでも)の場合はGoogle DriveやDropBox、OneDriveなどのファイル同期サービスを利用できます。

2) 共有されたPDF保存フォルダーをPC側にインストールした「クラウド対応自動印刷」で監視し(待ち受け)て印刷します。

3) プリンターにエラーがあった場合もファイルは監視フォルダーに残るかエラーフォルダーに残りますので安心です。

4) 印刷結果をその都度メールすることも可能です。

Gmail のメールが届いたら添付ファイルを自動的に印刷する。

Microsoft Power Automate (旧Flow) を利用します。

サイトURL: https://japan.flow.microsoft.com/ja-jp/

1) Power Automate で添付ファイルを OneBox に保存します。

テンプレートを利用することで簡単にできます。
(Attachments フォルダーに保存されます。)

2) 「クラウド対応自動印刷」で OneBox の Attachments フォルダーを監視して印刷します。

同様にして Google Drive や DropBox に保存することもできます。
それぞれテンプレートが用意されていてスクリプトを書くことなどなく利用できます。

ウイルスが心配ならメールの設定で受信をフィルタリングしておけば良いでしょう。

参考サイト:
https://weekly.ascii.jp/elem/000/001/495/1495701/

Googleクラウドプリント終了に伴う代替案

「Googleクラウドプリント」と同等のことが「Googleドライブ」のフォルダー共有機能と「クラウド対応自動印刷」で可能です。

すなわちインターネット越しに
ローカルのPCからリモートのPCのプリンターに印刷する。
逆にリモートのPCからローカルのPCのプリンターに印刷ができます。

クラウド対応自動印刷は印刷するプリンターが接続されているPCにインストールします。