共有フォルダーの監視が競合する。

ネットワーク環境で共有フォルダーを監視フォルダーにした場合、複数のPCから同一のフォルダーを監視フォルダーに設定してはいけません。

 

同時に同一フォルダーを印刷し、終了後に、ファイルの移動、削除を行おうとし競合が発生します。

 

要するに共有フォルダーを監視する「クラウド対応自動印刷」は常に1つにする必要があります。

 

当然、購入するライセンスは 1つで十分です。

 

もしこのような設定をいた場合に検知し、警告を表示する機能をVer. 4.8 に追加し公開しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です